nehanya

ねはんやの日記

大分の温泉町「長湯温泉」で小さなお店を始めました。

南の島からの贈り物

日本最南端波照間島で「あやふふぁみ」という食堂を営なんでいる友人お2人からお祝いを頂きました。

波照間の泡盛「泡波」清福の梅、ゆず、グレープフルーツ、バタフライピー、パッションフルーツのリキュール、もちきび、雑穀、四季柑、黒糖、あやふふぁみ特製スパイス。スペシャルなものばかり。私とよーこが大好きな波照間、八重山特産のものがずらり。嬉しくて並べ立ててみました。

 

じゃーん!豪華すぎる!

f:id:nehanya:20181208025817j:image

 

それは、私が23歳の頃の事。青い海に憧れ、沖縄で働きたいと思いたち、地元大分を飛び出した…はいいけど、あてがないので沖縄本島から八重山諸島をぶらりぶらり放浪し、最南端の波照間島に辿り着きました。

そこで出会ったのがきっかけ。それからもう20年近い付き合いです。島にいるときも、離れているときも、私の心の支えになってくれている2人。そもそも私がお店をやりたいと思ったのはその素敵な食堂と素敵な2人に出会ったから、なのです。

そんな2人からのスペシャルなプレゼント。嬉しくて仕方ない!本当にありがとう。

またいつか絶対に波照間に遊びに行くからね!待っててね!

 

f:id:nehanya:20181208034847j:image

 

頂いたリキュールで、八重山好きなお客様に、特別カクテルお出ししようかな。美味しく作れるかは分かりませんが(笑)ご希望の方は、お申し付けくださいませ(^^)

 

 

童心回帰

先週末、沢山の観光客の方々がお店に来てくださいました。インスタを見て来ましたー!という若いカップルの方も。インスタ効果凄し!嬉しい限り。

大分市内からお越しのご夫婦も。お店のお酒のラインナップから料理から凄く褒めてくださって、しきりに頑張ってね!と激励の言葉をいただきました。今夜は美味しいお酒が飲めて良かった!と満足そうに帰って行かれました。こういうお客様が来てくださると、お店を始めて良かったなぁと思えるものです。

そして、熊本市からお越しのご夫婦もご来店。久住高原にある「童心回帰農場」という農場のお手伝いをされているそうで、翌日はそこに行って畑を耕すそう。その農場ができるまでの経緯、運命的な人と人との出会い、色々お話してくれました。その農場は、ルン爺さんと忍さんという方が主体でコツコツと開拓しているそう。

そういえば、高原の中に不思議な建物があるなぁと以前から気になっていた。これは行かない手はない。

ということで次の日、早速行って来ました!

少しわかりづらいところにありますが無事到着。

 

覚悟の門!

f:id:nehanya:20181203190302j:image

 

草原の中に斜面を掘って作られたかわいい建物がいっぱい。

f:id:nehanya:20181203190801j:image
f:id:nehanya:20181203190750j:image

 

中はこんな感じ。1日農場を貸し切ってここで泊まる事も出来るそうです。
f:id:nehanya:20181203190807j:image

 

ソリを持って斜面を登ります。

f:id:nehanya:20181203191028j:image

 

絶景空中ブランコ

f:id:nehanya:20181203191132j:image

f:id:nehanya:20181203191702j:image

そして斜面をソリで草スキー。よーこはキャーキャー言いながら結構なスピードで一気に滑り降りましたが、恐がりな私はじりじりと少しずつ降りました(笑)

 

寝るブランコもあります。

f:id:nehanya:20181203192114j:image

 

ターザンも!

f:id:nehanya:20181203192153j:image

 

ひとしきり遊んで大満足!まさに童心回帰できる場所です。

こんな素敵な小屋も。まるでアルプスのハイジ気分。

f:id:nehanya:20181203192410j:image
f:id:nehanya:20181203192416j:image

ここで薪をくべて、一晩飲み明かしたい。

 

母屋?で、昨日のご夫婦とルン爺、忍さんとユンタク。初対面なのに初対面じゃないような。

f:id:nehanya:20181203192831j:image

お2人とも素敵な笑顔。無理を言って写真撮らせてもらいました。ありがとうございます。

今度この小屋で飲み会しましょう!とルン爺さんにお誘いいただきました。わーい!ハイジの小屋で酒盛りなんて素敵過ぎる!楽しみ!

 

この農場は、積善(無形の財産)と生産(無尽の財産)の農業の実践。 安全安心・循環する美しい農業を実践し、自然と共存・共生する意識を育み、地域や国の未来を担う若者や子どもたちに農業の素晴らしさ、自然とともに生きる歓びを伝えたい。

そういう理念のもと、やられております。

クラウドファンディングで、農業や林業・手工芸や絵画などなど、自然のなかで創造世界を生業として生きていきたいと望んだ子ども達を支える施設、ワイナリーとサロン(醱酵工房・ワインミュージアム併設)の建設も計画されています。これからが楽しみです。

また訪れたい魅力的な場所でした。

童心回帰農場のホームページ

http://www.luns.co.jp/

 

いろんな人との繋がりが出来るのがこの仕事のいいところ。繋げてくださった熊本のご夫婦に感謝。

 

 

 

 

 

 

よーこ店長のバースデー

先日の23日、福岡から三線サークル繋がりの友達、兄さんと、兄さんの友達のマレーシア出身のジュン君が遊びに来てくれました!

その日はちょうどよーこの誕生日。お店も9時半早々に貸し切りにして、よーこに内緒でこっそりケーキにシャンパンを仕込んでお祝いしました。

 

ケーキは兄さんに頼んで買って来てもらった瀬の本の美味しいケーキ屋さん「シェ・タニ」のビンテージチーズケーキ。

f:id:nehanya:20181125160747j:image

 

シャンパンはイケメンジュン君に注いでもらいます。

f:id:nehanya:20181125161017j:image

 

お花とケーキのプレゼントによーこ感激。

f:id:nehanya:20181125161133j:image

 

f:id:nehanya:20181125162120j:image

 

結局シャンパン2本と赤ワイン1本を軽く転がしました(笑)はぁ〜〜良く飲んだわ。

 

久しぶりに友達にも会えたし、よーこの誕生日もみんなで祝えたし、スペシャル豪華なバースデーナイトでした!楽しかったなー。よーこ店長も幸せそうでした。

友達って、いいね。うん。

福岡のお二人に感謝。

兄さん、ジュン君、また来てね。待ってます!

ところで、長湯温泉

我々、普段は大家さんの所有する温泉にご厚意で入らせていただいてます。毎日温泉に入れて本当に幸せ。

疲れの取れ方が半端ない。そして、出てからも体のぽかぽかが持続します。冷え性の私にはとてもありがたい。

そう、長湯温泉は泉質がとても良いのです。そして、日本有数の炭酸泉です。

 

長湯温泉.comより引用 ↓

長湯温泉は血行を促進するため、神経痛や心臓病に効き、また、飲めば胃腸の働きを活発にするので、胃腸病や便秘に効果があると言われています。ほとんどの施設が独自で源泉を持っているため、それぞれ含有する物質が異なり湯質・色などが違います。のんびりと自然の中を散歩しながら、肌に合う温泉を探してみるのもオススメです。

 

そうなのです!各温泉によって少しずつ泉質が違うのです。おもしろいですよね。

ということで今回は、私のお気に入り長湯温泉を紹介します。

 

まずは、ねはんやからすぐ近くの「長生湯」

ここは町営の公衆浴場。作りも可愛くて温度もちょうどいい。泉質も濃いめなので、いつも必ず飲泉します。200円という安さも魅力です。

f:id:nehanya:20181118194844j:image

 

次は、「湯屋天音」さん

ここは昔別の名前で別のオーナーさんがされていた頃何度か行った事があったのですが、今のオーナーさんになってからは初めて。ワクワク。

f:id:nehanya:20181118202344j:image

家族風呂が8室と大浴場があります。我々は大浴場へ。

f:id:nehanya:20181118204412j:image

内湯。ぬるめと熱めがあります。

 

f:id:nehanya:20181118204526j:image
f:id:nehanya:20181118204532j:image

露天風呂が2つも!山と川の流れを見ながらのんびり浸かれます。少し熱め、少しぬるめ、結構ぬるめな浴槽があるので、2時間でも3時間でも浸かっていたいくらい。満足度120%!リピート間違いない!

湯屋天音さんのHP 

http://yuya-amane.com/

 

他には、大丸旅館さんのお風呂も大好きですが、写真がなくてごめんなさい。

 

まだまだ他にも長湯には温泉施設がいっぱい。少しずつ制覇してまたブログで紹介できればと思います(^^)

 

 

 

竹楽と八重山night

11月16.17.18日、竹田市では竹楽というお祭が開催されています。

竹田市内に買い出しがてら、少しだけ見てから帰ろう!ということに。

しかし、雨がパラパラと降り出し、竹灯篭の灯りが雨で消えていて少し残念なことに。

でも幻想的で綺麗でした。

f:id:nehanya:20181117190541j:image
f:id:nehanya:20181117190536j:image
f:id:nehanya:20181117190529j:image

さてさて帰ってお店を開けなきゃ。

波照間島にいた頃にお友達になったOさんが長湯に泊まりに来ています。今夜は八重山話に花が咲くよ〜。と思っていたら、近くの旅館にお泊まりの観光客のお2人がご来店。

聞けば、八重山鳩間島好きなご夫婦で、うちにある二升半の泡波が怪しい!匂う!と思ったそう(笑)さすが!

そして竹楽を見終わったOさんも登場。

私もよーこも八重山nightにテンション上がりまくり!

f:id:nehanya:20181117194441j:image

Oさんが臼杵から買ってきてくれた新鮮なお刺身をみんなで頂きます。

f:id:nehanya:20181117191335j:image

美味かった〜〜。元々海育ちな私。体が刺身を欲するのよね。この山あいに住んでると新鮮な魚がなかなか食べられない。

お酒も進み、ここで弾かずにいつ弾くのだ!とそそくさ三線を取り出し、ベタな安里屋ゆんたを弾かせていただきました。

f:id:nehanya:20181117194349j:image

もっともっと沖縄八重山好きな観光客が長湯に、そしてねはんやに来てくれると嬉しいな。九州の沖縄好きさん、いらっしゃーい。

そしてOさんから開店祝いに高級ボウモア18年をいただきました。12年と比べるともう色が違います。美味しいに決まっている。

f:id:nehanya:20181117192354j:image

大事にないないしとこっ( ´∀`)ありがとうOさん!

とっても楽しい夜でした。

鳩間島好きなご夫婦も、来てくださってありがとうございました!また来てくださいね!

 

 

久住高原地ビール見学

前の記事にも書きましたギターを寄贈してくれたRさん、久住の地ビール工場で働かれていて(工場長です)、いつもビールのお話をしてくれます。ビールというのは、愛情をかければかけるほど美味しくなるのだ。と。

うちの店のハイネケンは、私の愛情がこもっているからとても美味しい。ハイネケンバドワイザーの次くらいのイメージだったが、こんなに美味しいとは思わなかった!といつもうちで美味しそうにビールを飲んでくれます。本当に嬉しい限り。

そのRさんが働いているビール工場に突撃訪問してみよう!ということで行って来ました。

くじゅう水泉郷 地ビール村!

f:id:nehanya:20181112105931j:image

あちこち寄り道してしまい夕方四時到着。

レストランは四時閉店で閉まっていましたが、中に入らせていただきました。

f:id:nehanya:20181112110233j:image
f:id:nehanya:20181112110238j:image

ヴァイツェン、熟成中。

f:id:nehanya:20181112110340j:image

キャー!樽がいっぱい!

 

そしてRさんは瓶詰め作業に追われていました。

f:id:nehanya:20181112110547j:image

昨今、何でもかんでもクラフトクラフトって言うけど、こういうのを本当のクラフトビールって言うのよね。一本一本丁寧に瓶詰めされていました。全ての工程に愛が詰まったくじゅうの地ビール

f:id:nehanya:20181112111236j:image

f:id:nehanya:20181112111255j:image

ヴァイツェン、ブラウンエール、スタウト、玄米ビールと、種類も豊富です。

 

ちょうど夕日も沈むころ、テラスでゆっくり夕日鑑賞させてもらいました。

f:id:nehanya:20181112111630j:image
f:id:nehanya:20181112111625j:image
f:id:nehanya:20181112111618j:image

こんな雄大な景色を毎日見て働いてるRさんがちょっと羨ましいなぁ。

阿蘇五岳の涅槃をしっかりと目に焼き付けて、われらのねはんやに帰りましたとさ。

 

忙しい中、案内してくれてありがとうRさん!

気付けば…

オープンして1カ月が経ちました。

あっという間の1カ月。右も左もわからないまま、でもたくさんのお客様に支えられて、やってこれた1カ月。

 

1カ月経って、これからの方向性、問題点、少しずつ見えてきた。

 

まぁ、けど、何はともあれ楽しまないとね。

来てくださるお客さんに楽しんでもらわないとね。そこを忘れてはいけない。原点だから。

 

ぼちぼち、体壊さないように頑張ります。

これからもよろしくお願いします。

f:id:nehanya:20181109094915j:image